• みんなの大当り画像
  • 掲示板
  • イベント開催中

オンラインカジノで得た収入の税金の計算方法と税金発生タイミング

オンラインカジノの税金について触れていきたいと思います。この記事を読んでいる方は、既にオンラインカジノを実戦してる方か、これからオンラインカジノで遊んでみようと思ってる人ではないでしょうか?

オンラインカジノで出た利益に対して税金は発生するのか?という事が問題になってきますが、自分が手にした1年間の間の利益が50万円を超えない場合は、申告する義務がないので、税金を払う必要はありません。

今回は、オンラインカジノ初心者の方にも分かりやすく「オンラインカジノの税金」について説明します。

税金の計算イメージ

オンラインカジノで勝ったお金に税金はかかるのか?

まず最初に皆さんが一番気になる点だと思います。オンラインカジノで勝った金額(利益)には税金はかかるのか?という点ですが、単刀直入に言いますと手にする金額により「税金はかかります。

それでは、なぜ税金がかかるのか?について解説していきたいと思います。

利益は一時所得としてみなされる

オンラインカジノの利益は、日本の法律では、一時所得としてみなされてしまいます。この一時所得って一体何?と思う方もいるかもしれません。一時所得の定義については下記の内容になります。

所得税法上の所得分類の一。利子所得や譲渡所得以外の所得のうち、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得で、労務その他の役務または資産の譲渡の対価としての性質を持たない所得。懸賞金、馬券・車券の払戻金など。
引用元:コトバンク

分かりやすく言いますと、競馬やパチンコ・スロットそして福引などの賞金品の払い戻しに関しても一時所得にあたるという事です。

利益は一時所得としてみなされる

パチンコや競馬での利益でも税金を払う必要がある

実は、知らない人もいるかも知れませんが、パチンコや競馬そしてスロットなどで勝った金額でも税金を払う必要があります。

では何故パチンコやスロットで勝った時に税金を払ってる人がいないかと言いますと、答えは簡単です。
パチンコやスロットの場合、勝った金額を受け取る時、どのような方法で受け取っていますか?換金所で現金を手渡しで受け取っていますよね?

税務署のイメージ画像

税務署が管理出来ない

日本の税金関係を管理してる所を税務署と言うのですが、パチンコや競馬などの利益を現金で受け取ってる場合、お金の移動がデータに残りません。

税務署は銀行のデータを見て、税金の管理をしています。ですので、銀行を通さないお金は税務署が管理する事ができないのです。

そのため、パチンコや競馬で勝った金額を申告しない人ばかりになってしまっています。ですが法律上は支払う必要があるという事です。

オンラインカジノの利益は銀行振り込み

皆さんはオンラインカジノで勝った金額をどうやって自分の手元に持ってきていますか?
ほとんどの人が現在は銀行振込を利用していると思います。
この場合、銀行に送金データが残ってしまいますので、税務署側がお金の流れを知る事が出来ます。ですので、ここで完全に税金を支払わなければならなくなります。

ですが、オンラインカジノでもパチンコ屋のように現金で受け取る事が出来たら、税金を払う人はいないかもしれませんね。

オンラインカジノの利益は銀行振り込み

オンラインカジノの税金の計算方法

それでは、オンラインカジノで得た利益にかかる税金の計算方法について紹介します。

この計算方法は少し複雑ですが、ルールが分かれば簡単なので、ひと通り目を通してみてください。

オンラインカジノの税金の計算方法

まず最初に、オンラインカジノで1年間の間で得た利益が50万円を超えない場合は、申告する義務がありませんので、税金を払う必要もありません!

ここは計算方法の中でも重要な部分ですのでしっかりと覚えておいて下さい。

「一時所得=総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)」

オンラインカジノで得た利益にかかる税金の計算方法は上記の式になります。では、実際に仮の計算をしていきたいと思います。

  • 10月1日 :5万ベットで20万獲得(利益15万)
  • 10月10日:6万ベットで30万獲得(利益24万)
  • 10月15日:20万ベットで14万獲得(損失6万)
  • 10月20日:10万ベットで5万獲得(損失5万)
  • 10月25日:10万ベットで40万獲得(利益30万)

公式は(総収入-総支出)ですので「15万+24万+5万+30万」-「6万+5万」=63万になります。ですが、ここで注意する事があります。

それは、ギャンブルの場合に限って損失額を支出と計算する事が出来ません!ですので本当の正解はこちらになります。「15万+24万+5万+30万」=74万になります。

そこに特別控除額の50万を引く事で74万-50万=24万になります。そして一時所得×1/2=所得税になりますので、24万の半分の12万が納税する金額になります。

ですので、オンラインカジノの税金は勝つたびに課税されるという事になります。

そして負けても損失額に入れる事が出来ないので1年間のトータル金額で計算すると間違ってしまいます。

少し面倒ですが、毎回記録を付ける事で間違う事なく、税金の計算を行う事が出来ます。

税金発生のタイミング

2018年9月現在、オンラインカジノの税金の発生タイミングは、今月の2018年9月です。

そして2018年1月1日~2018年12月31日までに得た収入を2019年2月16日~3月15日までの間に確定申告をしに税務署に行かないといけません。

この時に気をつける事は、2019年1月からの収入は計算に入れない事で、2019年の収入は2020年の税金で払います。

税金発生のタイミング

オンラインカジノの税金対策について

オンラインカジノで得た利益については、税金を支払う必要があるという事は分かったと思います。

では、オンラインカジノの利益に対しての税金対策について考えてみたいと思います。色んな業界で税金対策を行うという事は当たり前です。

ですのでオンラインカジノで出来る税金対策について考えてみたいと思います。オンラインカジノは、基本的にギャンブルに分類されるので税金対策を行う事は現実的に厳しいです。

ビットコインで税金対策出来るのか?

ビットコインで税金対策出来るのか?

ビットコインで出金する事で税金対策をする事が出来るのか?についてですが、ビットコインも出金する時には、銀行での振り込みです。

ですので、ビットコインでカジノから引き出しをしても、税務署にはお金のやりとりが分かってしまうので税金を支払う必要があります。

そしてビットコインのまま保有しておけば、税務署は分かりませんが、日本円に変える事が出来ませんのであまり意味がないです。

まとめ

どうでしたか?この記事では、オンラインカジノの税金について説明させて頂きました。

オンラインカジノの税金については詳しく知らない人も多いと思いますので、この機会にオンラインカジノで得た収入にかかる税金の計算方法をしっかりと覚えて下さい。

オンラインカジノの勝利金を引き出すときは、できることならATM出金など銀行の記録に残らない方法がベストです。それを行うためには、ペイメント会社が発行している専用のカードを使うのがおすすめです。(現在専用カードはほとんどが休止中です)
新しいペイメント会社が日本に参入してくる情報もいくつかありますので、それがわかり次第このページでもおすすめ方法をご紹介していきますね!

税金対策におすすめ!オンラインカジノ・ペイメント会社

チェリーカジノ(CherryCasino)

チェリーカジノ

チェリーカジノでは自社でカードの発行をしています。現在は海外のプレイヤーのみが対象となっていますが、日本でもVIPプレイヤーには発行できるようになるかもしれないとの噂です!

チェリーカジノ 詳細 公式サイトへ

アイウォレット (iWallet)

アイウォレット

アイウォレットは必勝カジノオンラインで紹介中のほとんどカジノで使えるペイメント口座です。現在(2018年9月)ATMで使えるカードは発行休止中ですが、英語ユーザーに対しては新しいカードのリリースが発表されました!日本での再開も近いと思われます!

アイウォレット 詳細 公式サイトへ
今月のピックアップカジノ

【オススメ!!】 ビットカジノ

ビットカジノのオススメポイント

  • 登録、ゲーム、サポートもすべて安心の日本語対応☆
  • 入金額と同額のスロットボーナスもらえる!
  • 15分で登録完了できます!

( ビットカジノ 体験日記・遊び方はこちら )

ビットカジノ専用特別クーポン

【当サイト限定ボーナスのもらい方】

  • ● 対 象 者 : 初めて有料プレー登録する方
  • ● 開催期間 : 2018年11月30日まで
  • ● 受取方法
    1. 1. 当サイトから 公式サイト でそのまま登録
    2. 2. ログイン後、キャッシャーより「マイボーナス」を選択
    3. 3. ボーナスコード「Bit218」をコピペで入力!これだけで完了です。

    ☆これだけで、リアルプレイで使えるボーナスゲット!

初回ボーナスでお試しプレイ! 公式サイトはこちらから