オンラインカジノで得た収入の税金計算方法と発生タイミング【税理士監修】

更新日:

オンラインカジノで大きい当たりを獲得した場合、税金を申告する必要はあるのでしょうか。
大きい当たりを狙いたいけど、獲得した賞金は所得になるのか、税金はどうなるのか、オンラインカジノをプレイしていたら誰もが思う疑問だと思います。

簡単に説明すると、オンラインカジノで得た利益に限っては、1年間で50万円を超えない場合、利益を申告する義務がありません。つまり、年間で獲得した金額によって、税金を支払うべきがどうかは決まってきます。

こちらのページでは「オンラインカジノの税金」について、オンラインカジノ初心者の方にも分かりやすく説明します。

税金についてすでにご存知の方はオンラインカジノのページ(オンラインカジノランキング)で紹介しているオンラインカジノ(ネットカジノ)を参考にしてみてください。私たちや読者さん達も実際に遊んでいるオンラインカジノだけを紹介しています。

公認会計士・税理士
公認会計士・税理士

税理士プロフィール : 河野雅人(かわのまさと)

東京都新宿区神楽坂駅近くに事務所を構え、高品質・低価格のサービスを提供している。趣味はスポーツ観戦。大手監査法人勤務の後、会計コンサルティング会社を経て、税理士として独立。
中小企業、個人事業主を会計、税務の面から支援している。
独立後8年間で法人税申告実績約300件、個人所得税申告実績約600件、相続税申告実績約50件。セミナー、研修会講師年間約10件。

新宿区神楽坂駅近くに事務所を構え、高品質・低価格のサービスを提供している。主に中小企業、個人事業主を会計、税務の面から支援している。

 

オンラインカジノで勝ったお金に税金はかかるのか?

オンラインカジノで得た収入に税金はかかるのか

オンラインカジノで勝った賞金に税金はかかるのか、まず最初に皆さんが一番気になる点だと思います。オンラインカジノで勝った金額(利益)には税金はかかるのか?という点ですが、単刀直入に言いますと 手にする金額により税金はかかります。

それでは、なぜ税金がかかるのか?について解説していきたいと思います。

 

利益は一時所得としてみなされる

オンラインカジノの利益は、日本の法律では、一時所得としてみなされてしまいます。この一時所得って一体何?と思う方もいるかもしれません。一時所得の定義については下記の内容になります。

所得税法上の所得分類の一。利子所得や譲渡所得以外の所得のうち、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得で、労務その他の役務または資産の譲渡の対価としての性質を持たない所得。懸賞金、馬券・車券の払戻金など。
引用元:コトバンク

分かりやすく言いますと、競馬やパチンコ・スロットそして福引などの賞金品の払い戻しに関しても一時所得にあたるという事です。

一時所得とは
 

パチンコや競馬での利益でも税金を払う必要がある

実は、知らない人もいるかも知れませんが、パチンコや競馬そしてスロットなどで勝った金額でも税金を払う必要があります。

ただ「パチンコやスロットで勝って税金を支払った」という人の話はあまり聞かないと思います。それはなぜか?答えは簡単です。
パチンコやスロットの場合、勝った金額を受け取る時、どのような方法で受け取っていますか?換金所で現金を手渡しで受け取っていますよね?

 

税務署が管理しにくい

パチンコや競馬などの利益は、現金の手渡しで受け取ることが多いですよね。日本の税金管理をする税務署にとって、その状況はお金のやりとりが把握しづらい面があります。

税務署は主に銀行のデータを見て、税金を管理します。そのため、銀行を通さないお金は税務署の管理が行き届きにくいです。

詳しくたどれば、もちろんお金の流れは把握できます。ただ、コストや人員の面で、時間がかかっているのは間違いありません。

 

オンラインカジノの利益は銀行振り込み

皆さんはオンラインカジノで勝った金額をどうやって自分の手元に持ってきていますか?
ほとんどの人が現在は銀行振込を利用していると思います。
この場合、銀行に送金データが残りますので、税務署がお金の流れを知れます。ですので、ここで税金を支払う必要が生まれます。

オンラインカジノの利益は銀行振り込み
 

オンラインカジノの税金の計算方法

それでは、オンラインカジノで得た利益にかかる税金の計算方法について紹介します。

この計算方法は少し複雑ですが、ルールが分かれば簡単なので、ひと通り目を通してみてください。

オンラインカジノの税金の計算方法

まず最初に、 オンラインカジノで1年間の間で得た利益が50万円を超えない場合は、申告する義務がありませんので、税金を払う必要もありません!

ここは計算方法の中でも重要な部分ですのでしっかりと覚えておいて下さい。

「一時所得=総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)」

オンラインカジノで得た利益にかかる税金の計算方法は上記の式になります。では、実際に仮の計算をしていきたいと思います。

  • 10月1日 :5万ベットで20万獲得(利益15万)
  • 10月10日:6万ベットで30万獲得(利益24万)
  • 10月15日:20万ベットで14万獲得(損失6万)
  • 10月20日:10万ベットで5万獲得(損失5万)
  • 10月25日:10万ベットで40万獲得(利益30万)

公式は(総収入-総支出)ですので「15万+24万+30万」-「6万+5万」=58万になります。ですが、ここで注意する事があります。

それは、ギャンブルの場合に限って損失額を支出と計算する事が出来ません!ですので本当の正解はこちらになります。「15万+24万+30万」=69万になります。

そこに特別控除額の50万を引くことで、69万-50万=19万となります。そして、一時所得×1/2=課税所得の金額なので、19万の半分となる9.5万が課税の対象となります。

ですので、オンラインカジノの税金は勝つたびに課税されるという事になります。

そして負けても損失額に入れる事が出来ないので1年間のトータル金額で計算すると間違ってしまいます。

少し面倒ですが、毎回記録を付ける事で間違う事なく、税金の計算を行う事が出来ます。

 

税金発生のタイミング

オンラインカジノの税金が発生するタイミングについてですが、 毎年1月1日~12月31日のちょうど1年間に得た収入を、翌年の2月16日~3月15日で確定申告をします。

確定申告はオンラインや郵送、税務署に出向いて行うことできます。この時に気をつける事は、申告は前年度の1年間が対象なので、申告する新しい年の1月からの収入は計算に入れない事です。

新しい年の収入は翌年の税金で払います。

税金発生のタイミング
 

オンラインカジノの利益に対する節税について

オンラインカジノで得た利益については、税金を支払う必要があるという事は分かったと思います。

では、オンラインカジノの利益に対して、何か節税ができるでしょうか。結論として、オンラインカジノはギャンブルへ分類されるので、節税を行うことは現実的に厳しいです。

 

ビットコインで税金対策出来るのか?

ビットコインで税金対策

ビットコインで出金する事で税金対策をする事が出来るのか?についてですが、ビットコインも出金する時には、銀行での振り込みです。

ですので、ビットコインでカジノから引き出しをしても、税務署にはお金のやりとりが分かるので税金を支払う必要があります。そしてビットコインのまま保有しておけば、税務署は分かりませんが、日本円に変える事が出来ませんのであまり意味がないです。

しかし「送金が便利」「手数料が安い」など、 ビットコインをオンラインカジノで使うメリットも存在するのはたしかです。

入出金にビットコインが使えるおすすめオンラインカジノを以下にまとめました。ぜひ試してみてください!

ビットカジノ

ビットカジノ

ビットカジノ(Bitcasino)は、入出金でビットコインなどの仮想通貨を使えるのが大きな特徴です。
ビットコインでの資産運用が近年広まっていますが、ビットカジノはいち早くその流行に乗っかって運営をはじめました。プレイヤー登録が簡単なので、こちらもおすすめのカジノサイトです。

ビットカジノ 詳細 公式サイトへ

ライブカジノハウス

ライブカジノハウス

ライブカジノハウスは、ライブゲームに特化したオンラインカジノで、数だけでなく質の高いディーラーが魅力です!
ほかにも、当サイト限定の入金不要ボーナス&フリースピンや、プレイヤー同士の戦いが激しい灼熱スロットトーナメントなど、他のオンラインカジノでは味わえないイベントで楽しめます!

ライブカジノハウス 詳細 公式サイトへ

カジノエックス

カジノエックス

カジノエックス(Casino-x)は、当サイトでも最近(2018年)紹介しはじめたオンラインカジノですが、独特なサイトデザインと変わったプロモーションが特徴的です。
新規プレイヤー向けの入金ボーナスが豊富で、セカンドカジノとしておすすめのオンラインカジノです。

カジノエックス 詳細 公式サイトへ
 

まとめ

こちらでは、オンラインカジノの税金について説明させて頂きました。

オンラインカジノの税金については詳しく知らない人も多いと思いますので、この機会にオンラインカジノで得た収入にかかる税金の計算方法をしっかりと覚えて下さい。

また、当サイトで紹介しているオンラインカジノは全て 実際のプレイや独自の調査をして安全・安心と分かってるオンラインカジノのみを紹介しているので安心して遊べます。

信頼できる合法オンラインカジノ選びには私たちのサイトの「オンラインカジノランキング」が便利です。

おすすめオンラインカジノランキング【2020年最新版】

このおすすめオンラインカジノランキングは、年末に行われた「必勝カジノ大賞2019(投票数430票)」や、当サイトの掲示板などに投稿された幅広いプレイヤーの実際の感想・レビューをもとにまとめた信頼できるランキングです。

ランキングを見る
公認会計士・税理士

税理士からの一言

パチンコや競馬と同じギャンブル感覚でオンラインカジノをする方は多いでしょう。オンラインカジノで得た利益には税金がかかることはしっかり認識した上で、50万円以上の利益が出た場合は、忘れずに確定申告するようにしてください。

 

税金対策におすすめ!オンラインカジノ・ペイメント会社

オンラインカジノで得た収入の税金対策におすすめのオンラインカジノ・ペイメント会社を以下にまとめました。

チェリーカジノ(CherryCasino)

チェリーカジノ

チェリーカジノでは自社でカードの発行をしています。現在は海外のプレイヤーのみが対象となっていますが、日本でもVIPプレイヤーには発行できるようになるかもしれないとの噂です!

チェリーカジノ 詳細 公式サイトへ

アイウォレット (iWallet)

アイウォレット

アイウォレットは必勝カジノオンラインで紹介中のほとんどカジノで使えるペイメント口座です。現在(2018年9月)ATMで使えるカードは発行休止中ですが、英語ユーザーに対しては新しいカードのリリースが発表されました!日本での再開も近いと思われます!

アイウォレット 詳細 公式サイトへ

オンラインカジノの税金についてよくある質問

オンラインカジノで勝ったら税金を払う?

オンラインカジノで勝った場合、ケースによって税金の支払いが必要です。自分が手にした1年間の利益が50万円以下であれば、国へ利益申告の義務がなく、税金を支払わずに済みます。 つまり、年間で獲得した金額によって、税金を支払うべきかどうかが決まります。

税金を払うタイミングは?

1月1日~12月31日の1年間で得た利益が50万円以上ある場合、翌年の2月16日~3月15日までに確定申告を行う必要があります。確定申告はオンラインや郵送、税務署に出向いて行います。なお、申告は前年度の1年間が対象なので、申告する新しい年の1月からの収入は計算に入れないようにしましょう。新しい年の収入は翌年の税金で払います。

税金の計算方法を教えて

オンラインカジノによるプレイで得た1年間の利益が50万円を超えた場合、確定申告および納税の義務が生まれます。その利益は「一時所得=総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)」で計算が可能です。特別控除額が50万円分あるため、50万円までの利益は申告の必要がありません。なお、オンラインカジノによる所得は、パチンコや競馬などと同じ「一時所得」として扱われます。税理士監修のもと分かりやすい税金計算方法も紹介しています!

オンラインカジノおすすめ情報まとめ

オンラインカジノ初心者におすすめの記事を以下にまとめました。ぜひ参考にして安全・お得にオンラインカジノを楽しんでください!